院内感染対策の目的としては、院内感染の予防、再発防止ならびに集団感染事例発生時の対策など確立し、安全で質の高い医療を提供することを目的とします。

①患者を感染から守り安全を図る。
②職員を感染から守る。
③医療資源の適正使用をする。
④質の高い医療の提供を行う。

ICT(感染対策チーム)は、感染対策委員会の実働部隊として活動しています。感染対策上の問題のチェックや報告・相談・対策・管理を日常的に行います。その一つに多職種での院内ラウンドがあります。多くの多剤耐性菌や感染症が問題となっている今、それぞれ専門職としての視点に立ちラウンドすることは重要な活動となっています。メンバーは医師・薬剤師・検査技師・看護師・その他です。

ICTラウンド

感染対策の基本は手洗いです。

PAGE TOP