放射線部

放射線部紹介

放射線部は、放射線科医師1名、診療放射線技師4名で業務を行っています。
放射線技師が撮影し、常勤放射線科医1名が画像診断しています。又、放射線科医がX線透視下で治療(IVR)や超音波などを行っています。検査結果は当日、遅くとも翌日には報告できます。

放射線部装置

CT装置

【GEヘルスケアジャパン社製 BrightSpeed EliteSD 16列マルチスライスCT】
平成21年9月に16列マルチスライスCTを導入しました。
0.625mmと1.25mmの薄いスライス厚の画像が数秒から十数秒で撮影できます。薄いスライス撮影ができる為に、検査範囲のボリュームデータが得られ、画像処理で滑らかな立体画像(3D)や縦横斜めの断層画像(MPR)を作ることができ画像診断に大きく貢献しています。
また、血管も撮影することができます。腕の静脈から造影剤を入れて、十数秒の撮影で立体血管像(CTA)を作成できます。血管撮影検査のように大掛かりではなく、簡単に検査することが可能です。その他、腹腔内脂肪量測定(メタボCT)も腹部を数枚撮影するだけで、コンピューター診断により内臓脂肪の量がわかります。
他病院から紹介して頂く患者さんも数多く検査しています。

令和2年度CT検査
頭頚部単純検査 113件
胸部単純検査 242件
腹部単純検査 541件
造影検査  
 頭頚部造影検査 0件
 胸腹部造影検査 201件
  ※内、Dynamic造影検査 135件
脊椎単純検査 33件
四肢単純検査 67件
PVP(経皮的椎体形成術) 10件
下肢血管撮影 1件

MRI装置

【東芝メディカルシステムズ社製 Vantage Titan 1.5T】  H27.4.1導入
検査時にはMRIの筒の中に入って撮影しますが、当院のMRIは筒直径が71cmと広く、筒の長さも154.5cmと短いため患者さんの圧迫感が低減される構造となっております。又静音化技術「Pianissimo機構」により、検査騒音を90%以上カットされており患者さんにやさしい装置です。
脳梗塞や脳動脈瘤など脳内病変や脳血管の撮影。腰痛や圧迫骨折など頸~腰部までの脊骨撮影。肩膝股関節痛など関節部の撮影。肝臓病やすい臓、胆石などの腹部撮影。腹部血管や下肢動脈狭窄などの血管撮影。など、これらの検査が高画質で撮影できます。
 他病院から紹介して頂く患者さんも数多く検査しています。

令和2年度検査数)
頭頚部単純 203件
頭頚部造影 3件
胸部・腹部単純 12件
胸部・腹部造影 23件
MRCP 19件
血管単純 2件
脊椎単純(頚椎・胸椎・腰椎) 428件
四肢単純(肩・肘・手・膝・足等) 290件

DR装置

【TOSHIBA社製 Ultimax-i】 H26年3月に導入しました。 Cアーム搭載で多方面からの観察を可能にし、17インチ角の平面検出器(Flat Panel Detecter:FPD)で大視野を観察できます。当院でDR装置を使用して行う検査には、胃や腸の透視撮影、肝細胞癌の治療法であるDEB-TACE、下肢の血管形成術(PTA)、ERCP(内視鏡的逆行性胆管造影)やPTCD(経皮経肝胆道ドレナージ)などやその他のIVR(X線透視下で治療)を行っています。

令和2年度DR装置の主な検査内容
胃・小腸・注腸透視 15件
ERCP・EST・ENBD 5件
PTCD 5件
DEB-TACE(肝動脈化学塞栓療法) 21件
PTA 3件

一般撮影装置

【島津メディカルシステムズ社製 RADspeead Pro】 胸部や腹部の撮影、脊椎や手足等骨の撮影を行います。

骨塩定量装置

【日立アロカメディカル社製 DCS-600-Ⅲ】 DEXA法(二重エネルギーX線吸収法)という方法用いて、僅かな時間で簡単に骨密度を測定することができます。イスに腰掛、片腕を機械にのせて測定します。

マンモグラフィー装置

【コニカミノルタエムジー社製  乳房X線撮影装置 Marmaid(コニカミノルタPCMシステム)】
マンモグラフィーとは、乳房専用のX線撮影のことで、乳房をはさんで圧迫して撮影します。当院の装置はPCMシステムという位相コントラスト技術搭載機器を採用し、乳房内腫瘤や微細な石灰化も鮮明に写し出すことができます。

令和2年度マンモグラフィー検査 9 人

移動型外科用透視装置

1.【日立メディコ社製 Sirius Floating/C】 H26年3月に導入しました。
おもに整形外科領域(人工関節・骨折など)
手術時に利用されます

PAGE TOP